忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/17 16:29 】 |
単身引越しのポイント
単身引っ越しをする場合には、各引っ越し業者で「単身者パック」のようなサービスを行っていますから、それらのサービスを比較検討するとよいでしょう。一般的に、単身者の場合は荷物の量が限られていて、大型家具が少ないということが前提でサービスパックが設定されています。ですから、安いつもりで依頼したら、大型家具の分、割増料金が発生したということもありますから、事前によく確認する必要がありますね。特に、大型冷蔵庫やドラム式洗濯機、セミダブル以上のベッド、応接セット、大型のタンスなどは、単身パックの想定外荷物になります。そういった家具があるのなら、むしろ、単身パックではなく、別のコースを選んだほうが得になるケースも少なくないでしょう。また、一人暮らしの場合は、荷物が少なく、トラックさえあれば友人に手伝ってもらって荷物が運べるのに・・・というようなことも多いかもしれません。そのような場合には、荷物の運送だけを請け負ってくれる運送業者を頼めば、荷物の送料だけで済むこともあります。荷物の搬出・搬入を自分達で行えるなら、引っ越し業者を頼むよりずっと安く引っ越しできるでしょう。また、トラックさえあれば自分で運転するのにという場合には、レンタカーで軽トラックを借りて済ませるという方法もありますね。それに、なんでも屋のような業者に依頼すれば、転居後の室内掃除や不要品の処分、買取まで行ってくれることもあるでしょう。新居に新しい家具や電化製品などを入れる予定の場合、古いものは業者に買い取ってもらうことで、引っ越し費用の足しにするというのもアリですね。
PR
【2011/01/11 21:05 】 | 引越業者の探し方
引越し費用相場
引っ越し業者を決める際に、一番気になるのはその費用でしょう。見積りしてくれた業者の価格が相応かどうかを判断するためには、引っ越し費用の相場を知っておく必要があります。とはいえ、引っ越し費用は、距離・荷物の量・各種サービスによって変動しますから、一概にいくらという相場価格が決まっているわけではありません。それに、引っ越し費用のほとんどは人件費ですから、人件費の高い都会ほど引っ越し費用が高い傾向があります。引っ越し費用を判断するには、その内訳を確認して、一つ一つの価格が妥当かどうかを見ていくことになります。そのためにも、複数の業者から見積りを取った方が比較しやすいでしょう。一般的には、何人家族でいくらくらいという基本価格をそれぞれの引っ越し業者が提示しています。それは基本的に、引っ越しする距離が100km以内で、その家族構成での荷物の量を基準よりもちょっと少なめで計算してあります。例えば、一人暮らしなら、小型冷蔵庫・洗濯機・ベッド・タンス・小型テレビ・電子レンジ以外に少量の荷物で、業者の人数は一人から二人で十分だろうといった感じです。ですから、冷蔵庫が大型だったり、応接セットや大量の書籍があったりすれば、当然、割増料金が発生します。業者の価格は、一般的には基本料金に、各種サービスの希望や基準から外れる荷物・距離・高層階・高価な家具や美術品などによって、対応する人数や価格を上乗せしていくという計算になります。または、逆に、料金を高めに設定しておいて、そこから各種割引を行う業者もいますが、そのような業者には注意が必要です。
【2011/01/11 21:05 】 | 引越業者の探し方
引越し業者を選ぶ基準
皆さんはこれまで、どんな風に引っ越し業者を決めてきましたか?選んだ引っ越し業者によっては、嫌な思いをした方もいるのではないでしょうか?すごく割引してもらったつもりが、後に他社より割高だったことを知ったというのは良い方で、家具や住宅に傷をつけられても知らんぷりなんて話もありますから注意が必要です。引っ越し業者には、いくつかの種類があります。 ・引っ越し専門業者 ・引っ越しも行う「なんでも屋」のような業者 ・引っ越し専門部署や引っ越しプランがある運送屋 ・引っ越し荷物の運送をするだけの運送屋 これらの業種によっても価格には違いがありますし、サービスにも違いがあります。ですから、目的に合わせて業者を選んだ方がいいですね。荷物の少ない一人暮らしや単身赴任、自分で引っ越しの手伝いをしてくれる友人などを確保できるなら、荷物の運搬だけしてくれる運送屋に頼めば、料金も比較的安く済ませられるかもしれません。ですが、急に決まった転勤や知らない土地への転勤などで、引っ越しの手伝いをしてくれる人も確保できず、引っ越し直後から出勤の予定がある場合などは、様々なサービスを行ってくれる引っ越し専門業者を頼んだ方が、最終的には良かったと思えるでしょう。また、引っ越し業者を決める際には、複数の業者から見積りを取ることをお勧めします。全く同じように見えても、その価格やサービスには随分違いがあるケースもあります。それに、細かく丁寧な見積りをする業者、大雑把な一括金額しか提示しない業者などの違いも判断基準の一つとなるでしょう。
【2011/01/11 21:05 】 | 引越業者の探し方
引越しで見積もりと勧誘
引っ越し業者に見積りを依頼したいけど、無理やり契約させられそうで怖いと感じている方も多いことでしょう。実際にそういう悪質業者も存在するので、引っ越しの際には注意が必要です。そういう点では、有名大手引っ越し業者に依頼するのが安心ですが、やはり、大手はサービスが充実している分、価格の面で割高と感じる方も少なくないようです。それに、中小の業者だからといって、決して悪い業者ばかりとは限りません。むしろ、大手並みのサービスを低価格で行っている良心的な業者も数多く存在しています。ただ、見積もりの際に強引に即日契約を迫る業者や見積り価格が一括価格のみで明細がなかったりする業者は、悪質業者であるケースが多いです。もし、そのような業者に見積もりを依頼してしまった場合には、断固として断る勇気を持ってください。昨今では、複数の引っ越し業者から同時に見積りを受けられる、引っ越し一括見積りサイトのようなものもありますよね。ネット上で必要事項を記載するだけである程度の概算が表示されるようなシステムなら、ある程度の目安にはなるでしょう。でも、詳細な見積もりを依頼してしまうと、セールスのための電話がかかってきたり、強引な勧誘をされることもあるようです。一括で見積もりを依頼するのではなく、口コミなどで評判のいい引っ越し業者に限定して、見積もりを依頼する方が断る自信のない方にはいいかもしれません。中には、「メールでのみ返答してください」と記入したにもかかわらず、一括見積もり依頼をした次の日の早朝に電話がかかってきて、訪問見積もりを迫ってきたりする引っ越し業者もあるそうです。
【2011/01/11 21:05 】 | 引越業者の探し方
安い引越し業者の探し方
いざ、引っ越し業者の資料を取り寄せてみると、思った以上に高くて驚く方も多いのではないでしょうか?それは、引っ越し費用のほとんどが人件費だからです。引っ越しをする場合には、多くの場合、新しい住宅のローンを抱えていたり、敷金・礼金など、多額の出費をしていたりしますから、引っ越し料金は少しでも安く抑えたいと思うのは当然ですね。ですが、中には荷物の扱いが雑だったり、作業員の対応やサービスが悪かったりと、「安かろう、悪かろう」の業者もいますから、注意しなければなりません。一般的には、荷物を新居まで運ぶだけで、荷物の搬出・搬入は行わない運送業者に頼めば、作業員の人件費がかからないので安く済みます。その場合には、人件費は運転手とアシスタントだけで済みますが、出ている荷物をトラックに積み込み、新居前に荷物を降ろしておしまいです。荷物の搬出・搬入は、全て自分達で行わなくてはいけません。引っ越しでは、便利なサービスを受ければ受けるほど、費用が割増になっていきます。本当に必要なサービスかどうか慎重に検討して、自分達で出来ることは全て自分達で行えば、それだけ安い費用ですみます。また、中小業者の中には、大手と比較して安価で請け負っている業者も多いです。引っ越しの際は、複数の業者から見積りをとると、おおよその相場がわかり、底値の業者を見つけることも可能でしょう。ただし、前述したように、価格だけで選んだら悪質業者だったというケースもありますから、口コミなど、なるべくたくさんの情報を集めて決めるようにするといいですね。
【2011/01/11 21:05 】 | 引越業者の探し方
| ホーム | 次ページ>>